[アンテナに戻る]
日付時刻はチェック先ページの更新を検出した時刻です。
行頭に"+"がある場合は追加、"-"がある場合は削除されたことを示しています。
4行以上の追加削除は省略されます。("..."表示)
画像やリンクのみの追加削除があった場合は、何も差分が表示されません。

[AI and Robot top page] の差分表示(過去5回分)

-----
2020-01-25 07:55:08.219776510


-----
2020-01-25 05:55:13.675933753


-----
2020-01-06 13:55:07.944397101

-BN055
+bno055

-----
2020-01-04 18:55:08.783282906


-----
2020-01-04 17:55:07.127314079

-双眼ルーペ
- 外科医が手術の時などに使用する双眼ルーペです。普通の凸レンズ1枚型のルーペと違い、対象物を30cm位離してもよく見えますのでとても作業がし易いです。
+高速度カメラ
+ 2Mpixelで、最大1920x1080pix、また640x480pixの設定なら100FPSで直接PCに録画可能。ロボットの高速動作の検証に利用してます。
-深層学習
- ディープラーニングによってシンギュラリティ云々なんて気の早い話をする人も居ますが・・どうなんでしょ? でもこの本は読む価値有りと思って、ポチリ。\3,780
-(人工知能学会監修15/10/30初版)
+BN055
+ 加速度・ジャイロ・磁気の9軸センサ、クォータニオン、オイラー角も取得可能。MPU6050より使い勝手・精度共に良いと思います。
+Apple iPad Pro 11インチ
+ 携帯しやすく下のApple Pencilを使いちょっとしたアイディアメモなどにも利用。大きさも手頃、1台あると便利。
+Apple Pencil(第2世代)
+ 少し高いけど鉛筆のような感じで書けるのでとても良いです。芯を傾けると掠れた線も引けます。
+ペーパーライク フィルム
+ Apple Pencilとこれで紙に書いてる様な滑らかな感じに、摩耗も減少するようです。
+半田吸い取り機
+半田吸い取り機はやはり振動の伝わらないステーション型が一番! 
+サーボの修理でモータを基板から取り外す際はこれがないと殆ど不可能。
+実体顕微鏡
+SMT基板の半田付けチェックやサーボの修理など、やはりこれが無いと非常に不便。
-購入時1,850円
+購入時1,850円
-超音波距離センサ
-これをクルクル回して超音波レーダーを作りたいと思ってます。
-測定可能距離:2cm〜400cmm 分解能:3mm(掲載時:395円)
-心の社会
-人工知能の大家マーヴィン・ミンスキーによる有名な著書。今読み返してみると逆に新鮮かも
-3軸デジタルコンパス
-3軸のデジタル方位計。3軸なのでロボットの体勢
-に係わらず方位が検知できます。配線もI2Cでスッキリ。
-...

-UVC対応カメラ
-近藤科学のKCB-4WLに接続し、LANで映像を飛ばす
-実験で綺麗に写りました。UVC対応、安価で小型、ロボットに最適かと。
-小型ボードコンピュータ
-GPU,HDMI搭載でワードプロセッサやゲームなどPCと同程度のプログラム処理が可能。
-CPU:700M,RAM:512M,SDカード装着可、小型低価格。
-小型高性能mbedワンボードマイコン。
+小型高性能mbedワンボードマイコン。
-昔の1/50以下の値段とは驚き・・
+昔の1/50以下の値段とは驚き・・
-3軸ジャイロ・3軸加速度
-6個のセンサを搭載し小型で安価。配線もI2Cでスッキリ。
-若干特性にバラツキがありましたので10個程入手。
-...

-実体顕微鏡
-SMT基板の半田付けチェックやサーボの修理など、やはりこれが無いと非常に不便。
-半田吸い取り機
-半田吸い取り機はやはり振動の伝わらないステーション型が一番! 
-サーボの修理でモータを基板から取り外す際はこれがないと殆ど不可能。
-SH2マイコン参考書
-SH2マイコンの参考書は何冊か購入しましたがこれが一番実用的で役に立ちました。
-人工知能学会誌
-話題の人工知能学会誌Vol.29 No.2 (2014年3月号)が一般販売されてます。でも在庫が??・・・
-フリー閲覧の一般論文だけなら下記「その他」の項目にリンクがあります。
-Nexus7 (\14,800.掲載時)
-とても安くなったと話題に。12 x 19.8cmですので
-読書・ゲーム・ネットサーフィンも寝ながらできそう。